便秘になる前に知っておこう

一般的な便秘対策が逆効果になる便秘

食物繊維の豊富な食事を摂っているにも関わらず、便秘 解消しないという方は、ストレスに原因があるかもしれません。

特にストレスから自律神経失調症になっている場合、便秘の症状が出る事がありますが、だからといって食物繊維を摂取すると症状が悪化する恐れがある為、注意が必要です。ストレスなどで自律神経失調症に陥った場合、神経のバランスが崩れている為、神経を休ませなければいけないのですが、胃腸への刺激が多い食べ物を摂取するとそれができない為、控えなくてはなりません。

刺激の多い食べ物は、揚げ物や脂質の多い肉類などの他に不溶性食物繊維があります。食物繊維のなかでも不溶性食物繊維は腸のなかで膨張する特徴があるので、腸を刺激してしまい自律神経失調症の治癒を妨げます。

不溶性食物繊維を含む食材は、ゴボウ、タケノコ、菜の花、豆類、イモ類、きのこ類などに多く含まれています。他にも、果物などの酸味があるものや、アルコール類、運動といった便秘に良いとされているものが、自律神経失調症からくる便秘の場合は逆効果になります。

もし慢性的なダルさや喉の渇き、めまい、気分の落ち込み、イライラなどの症状がある場合は便秘による不調ではなく自律神経失調症の可能性がある為、心療内科での受診をお勧めします。

市販の便秘薬を使う前に注意すべき事

便秘が慢性化してい方の中には、市販されている便秘薬を毎日、それも数年にわたって服用されている方もいるようです。
便秘になると、つらいお腹のハリや気持ちの悪い残便感があり、一刻も早くその症状から開放されたいものですが、ドラッグストアなどで手軽に手に入るからと、軽い気持ちで便秘薬を常習的に服用し続けるのは非常に危険です。

便意は大腸の腸壁が波打つ〈ぜんどう運動〉によってもよおすのですが、市販の便秘薬は薬の作用で強制的にぜんどう運動を起こさせます。
この、ぜんどう運動を自力で行わない期間が長くなればなるほど、大腸の機能は低下し、薬に頼らないと便がでない身体になっていきます。そして大腸の機能が低下するという事は、そのまま便秘の悪化につながり、更に便秘薬に頼る悪循環を引き起こしてしまいます。

便秘薬に頼って排便していると危険な理由はまだあり、体が薬に慣れてしまう事が挙げられます。体が薬に慣れてしまうと、薬の効果が薄れたり、場合によっては全く効かなくなり、そのうえ大腸の機能が低下しているとなると、重篤な症状を引き起こす可能性があるのがその理由です。

辛い便秘の症状を改善する為、一時的に市販の便秘薬に頼るのはいいですが、症状が慢性化しているのなら、早めに病院で診察を受けた方がいいでしょう。
 
 
 
トップページ 口臭や体臭の原因が便秘!? 食生活を改善する
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース